指先

実に久しぶりの記事更新です。

一ヶ月以上も更新がなく、すみませんでした!

誰も気にしてないと思いきや、レッスンで生徒さんに
最近ブログ更新してませんねと指摘されてしまいました。

ありがたや。

ブログの愛読者はスクール内にもいてくれたのですね。

でも確かに一ヶ月以上更新がないのはいただけません
よね。

更新がないと、「SALDRAは果たしてやっている
のか?」と思われそうですもんね。

そろそろ更新しないとなと思いつつここまで経って
しまいました。

反省。

更新は滞っていましたが、スクールSALDRAは勿論
ちゃんとやっておりますよ。

引き続きSALDRAをよろしくお願いします。

さて、いよいよ本題に入りたいところですが、皆さん、
最近の暑さったら、もうたまらんすね!

でも、夏の暑さは私、嫌いじゃないんですよ。

気持ち的に元気が出るし、それに、この暑さは夏の
うちしか味わえません。

色んな屋外イベントも多いし、楽しそうと思えること
にはあえて暑さに飛び込もうと思っています。

でないと、せっかくの夏はあっという間に終わって
しまうのでね。

勿論、熱中症対策を十分にした上で、ですけど。

だから私、結構夏焼けしています(笑)

さて、ではやっと本題に入りますか。

前回の記事で紹介した、SALDRAの生徒さんである
KANAさんのブログ”Road to Salsa!~先生、ど素人でも
サルサ踊れるようになれますか?~
”は読んでくれて
いますでしょうか?

その中に”指先でさえもリード&フォロー”という記事が
あります。

最近入ったばかりの生徒さん(女性)に男性の
リードで回るライトターン(女性の右回り)を教えてた
時に、腕の硬さに違和感があったのです。

その原因が、まさにこの”指先でさえもリード&
フォロー”にあったのです。

そこで私はそのことに触れ、男性の指がこういう時は
この指で応えてね、逆に男性の指がこうなった時は同じく
この指で応えてね、と教えたのです。

すると効果覿面!

たちまち回しやすい女性に変わりました。

回す側であるリーダーの私も、回すことに気持ちよさを
感じてしまうくらいで、ビフォーとアフターの違いに感激
しましたよ。

勿論その生徒さんも喜んでくれたことは言うまでも
ありません。

こういう超基礎的な技って、ともすれば形だけ教えて
終わりになりがちで、仮に回り方が上手くいってない
生徒さんがいても「腕の力をもっと抜いて」くらいしか
思い浮かばない場合があります。

私もかつてはそういう教え方だったと思います。

でもマンツーマンをやるようになって生徒さんが
上手くいかない時の原因究明によりシビアになった気が
します。

文章だけではもしかしたら伝わりにくいかも知れま
せん。

でも実際にレッスンを受けていただければ、どういう
ことなのかがお分かりいただけると思います。

未知のSALDRAの生徒さんには前述の生徒さんの
ように、上手くできた時の喜びを味わっていただきたい
と思っています。